民泊業界、圧倒的No.1へ。

私たちは、シェリングエコノミー×インバウンドという急成長分野におけるリーディングカンパニーとして、さらなる拡大を目指します。

運営施設一覧

ニュース

ごあいさつ

政府は、訪日外国人旅行者数目標を2020年4,000万人(消費額8兆円)、2030年には6,000万人(消費額15兆円)と定め、宿泊施設、通信・交通・決済など、受入環境整備を早急に進めております。

一方で、少子高齢化社会を背景として増加する空き家の活用、またはシェアリングエコノミーとしての資産の有効活用は、我が国としての重要な課題であり、課題解決に貢献できる民泊事業の期待が高まっています。

当社は、急増する訪日外国人観光客の多様な宿泊ニーズに応えるために、関東・関西・九州にて民泊事業を展開し、既に日本最大級の契約室数を有しております。特徴は運営ノウハウや顧客情報に基づくデータマイニングによって、顧客ニーズに合致した物件を提供し、高い入居率を維持しております。

また、政府が推進する地方創生による地方の宿泊ニーズにも応えるべく、地方自治体等と協議し、民泊による訪日外国人観光客受け入れも強化しております。

既に日本最大級の民泊契約室数を有しておりますが、今後、丸紅、APAMANグループとの連携を深め、民泊契約室数圧倒的No.1を実現すると同時に、グローバル展開も進めてまいります。

代表取締役 柴田 敬介

会社概要

社名 株式会社グランドゥース / Grandouoce Inc.
設立 2017年3月31日
役員 代表取締役   柴田 敬介
取締役副社長  坂本 正樹
取締役     細谷 厚彦
監査役(常勤) 上原 千尋
監査役     上野 陽司
監査役     荒井 太一
主要株主 丸紅株式会社(持分法適用)
丸紅リアルエステートマネジメント株式会社
株式会社APAMAN PROPERTY
経営陣
電話番号 06-7175-7582
資本金 7,600万円
従業員数 90名
事業内容 民泊施設、ホテル、旅館及び簡易宿所の運営
事業所 本社:大阪市西区新町1-5-7 四ツ橋ビルディング6階
福岡オフィス:福岡市博多区博多駅南1-3-8 博多パールビル8階
ウェブサイト https://grandouce.co.jp

お問い合わせ / Contact for Business